離婚後の仕事はどうしますか?

女性の転職や就職でたびたび問題にあがるのが、離婚後の女性の職探しです。
離婚後の女性が就職で問題となる点はいくつかありますが、ここでは特に注目する点を紹介したいと思います。

・子育てと家事、仕事の両立
離婚をして子どもの養育を母親がする場合、子育てと家事を全てひとりでしなくてはならなくなって、仕事と両立することが難しいというケースがあります。
これは女性に限った話ではなく、男性でも、子育てと仕事を両立することが難しく、さらに就職活動では、仕事の時間と子育てや家事の時間を両立することができる仕事を見つけるのはなかなか難しいです。


・仕事に必要なスキルを持っていない
専業主婦として家庭に入っていたため、仕事に必要なスキルを持っていないため、就ける仕事に限りがあり、職を選ぶことが難しくなります。


・年齢の問題
40代、50代で離婚をした場合、年金の受給までは数十年あります。そのため仕事を探すと思いますが、年齢によって働ける職場に限りがあります。


こうした問題は理不尽な物も多いですが、現実問題として離婚後に立ちはだかる壁です。そのため、離婚後、仕事をスムーズに進めるためにも、婚姻期間中に取得が可能な資格を取得したり、SOHOなど自宅でも出来る仕事をはじめるなどして、離婚後の生活の基盤を構築していた女性が、離婚後の生活と仕事の両立ができます。